Go to Main Content Go to Menu



由来と沿革

home 江陵について 由来と沿革
由来と沿革
由来と沿革

江陵は美しくすばらしい自然環境と伝統文化が調和した最高の観光都市です。

江陵市は古くから濊貊族が住んでいたところで紀元前129年には衛満朝鮮に隷属し, 紀元前128年に濊貊の軍将である南閭が衛満朝鮮の右渠王を罰して漢の国に帰属, 蒼海郡の一部になって高句麗の美川王14年(313年)には高句麗勢力に合併されて河西良または河瑟羅と呼ばれた.

その後, 新羅の奈勿王時代に新羅の領域となり, 景徳王16年(757年)に溟洲と呼ばれて, 高麗忠烈王34年(1308年)に江陵府に改称された. 恭讓王の時代には江陵大都護府があって北は元山から南は蔚珍に至る東海岸一帯を管轄した. 朝鮮時代に入り太祖4年(1395年)に江原道と改称され, 高宗33年(1896年)に江陵郡になって21の面を管轄した.

日本帝国統治時代の1931年に江陵面が江陵邑に昇格され, 大韓民国政府樹立以後の1955年に江陵邑, 城德面, 鏡浦面を合わせて江陵市に昇格すると同時に江陵郡を溟州郡に改称分離したが, 1995年1月1日, 江陵市と溟州郡を統合して統合江陵市に改称, 現在に至っている.