Go to Main Content Go to Menu



アイスホッケー

home 2018 氷上競技の開催都市 競技種目 アイスホッケー
アイスホッケー
Olympic Debut : 1924

概要

アイスホッケーは氷上でスケート靴を着用した6人で構成された2チームが硬質ゴムのパックをスティックで打って相手チームのゴールに入れる競技であり, 冬季オリンピックでは男子, 女子合計2つの種目が行なわれます.

アイスホッケーリンクの大きさは長さ56~61m, 幅26~30mですが国際大会を行なうことができる最小規格は長さ60m, 幅29m, ゴールの高さと幅はそれぞれ1.2mと1.8mであり, 1.2~1.22mの高さの木材またはプラスチック材質で作られたフェンスで囲まれています. リンクは中央に引かれた赤い色のセンターラインによって区分され二つに分かれていて, 更にゴールとゴールの間にある2本のブルーラインでリンクが3等分されています.

競技方式

  • 競技時間は20分ずつ3回で, 総1時間
  • 各20分を1ピリオドとし, 各ピリオドの間に15分間の休み時間がある
  • 3ピリオドで勝負が決まらない場合は延長戦を実施. 延長戦は先取得点すれば競技が終了し, 延長で得点が出ない場合にはゲームウイニングショットが導入される

チームの構成

  • 大会に出場できるチームエントリー(Team entry)数はゴールキーパーを含み男子25人, 女子23人
  • リンクの中でプレーに参加する選手は6人
  • ゴールキーパー1人, 防御を主とするディフェンス2人, 攻撃を主とするフォワード3人で構成

GK (ゴールキーパー, ゴーリー)

  • 最後の防御ラインでゴール前の重要なポジション
  • 勝敗に直接的影響を与える.

DF (ディフェンス)

  • 区分 : ライトディフェンス(RD), レフトディフェンス(LD)
  • 防御だけするポジションでなく攻撃の開始をもする
  • DFを囲んで粘り強いボディーチェック(bodycheck), FWとの連係, 正確な状況判断などが要求される

CF (センターフォワード)

  • ウィング(wing)とディフェンスを連結する役割で, 攻撃手として重要なポジション
  • 攻撃はウィング(wing)をよく使い防御としてはDFの補充をするなどオールラウンド技術が要求される

WG (ウィング)

  • 区分 : ライトウィング(RW), レフトウィング(LW)
  • ウィング(wing)はゴールゲッター(goal getter)だが, 攻撃手が変われば素早くフォアチェック(fore check)に行かなければならない
  • ウイング(wing)の速度は相手DFの威嚇になるもので, 速度, シュート力, 維持能力が要求される

統合メダル数で見るアイスホッケー強国

Canada : 20個, USA : 16個, Sweden : 11個