Go to Main Content Go to Menu



ショートトラックスピードスケート

home 2018 氷上競技の開催都市 競技種目 ショートトラックスピードスケート
ショートトラックスピードスケート
Olympic Debut : 1988

概要

ショートトラックスピードスケートは111.12mのアイスリンクの上でスケート競走を行なう氷上競技です. 従来の400mトラックで競争するスピードスケートに比べて短いトラックで競技をするのでショートトラックスピードスケートとも言いますが, 主に略してショートトラックと称しています.

決勝線を通過する順位で優勝者が決まるのでパワーよりテクニックが, 持久力より瞬発力が要求される競技であり, 冬季オリンピックでは男子, 女子合計8つの種目が行なわれます.

競技方式

  • 普通, 短距離の500m, 1000mでは4人が, 1500m以上の長距離では6-8人が同時にスタート
  • 各競技で上位2-3人の選手だけ次の競技に進出可能なので記録より順位が重要
  • 短いリンクを多くの選手が同時に回る特性上, 体がぶつかり合う競り合いは一部許容されているが, 他の選手を押し退けたり進路妨害する行為は規定違反と見なされる
  • トラック離脱, 速力を遅らせること, 衝突, キッキングアウトなどは禁止
  • 規定違反で失格処理された選手は次の競技に進出できない

男子競技

  • 個人種目 : 500m, 1,000m, 1,500m
  • 団体種目 : ショートトラック男子リレー 5,000 m

女子競技

  • 個人種目 : 500m, 1,000m, 1,500m
  • 団体種目 : ショートトラック女子リレー 3,000 m

統合メダル数で見るショートトラックスピードスケート強国

Republic of Korea : 42個, China : 30個, Canada : 28個