Go to Main Content Go to Menu



スピードスケート

home 2018 氷上競技の開催都市 競技種目 スピードスケート
スピードスケート
Olympic Debut : 1924

概要

スピードスケートはスケート靴を履いた2人の選手が同時に出発して400mのアイスリンクトラック上で速度を競う氷上競技であり, 400mのコースはインコースとアウトコースに区分されて, 2人1組の走者が1周するたびに決められた交差区域でアウトコースから出発した選手はインコースへ, インコースから出発した選手はアウトコースへと互いの滑走路を変えることになります. 平昌冬季オリンピックでは男子, 女子合計14個の種目が行なわれます.

競技方式

2人の競争者が一組になって競争するのが一般的

ダブルトラックはインコースとアウトコースに区分され決まった交差区域でインコースから出発した選手はアウトコースへ, アウトコースから出発した選手はインコースへ入れ替わって競争

交差点で2選手が衝突する可能性がある時はアウトコースの選手に優先権があり, 2選手間に衝突が発生した時はインコース走者が失格処理される

男子競技

  • 500m, 1,000m, 1,500m, 5,000m, 10,000m, スピードスケート男子チーム競技およびマススタート
  • スピードスケート男子チーム競技 : 3人ずつからなる2チームが反対側から同時にスタート, 8周を回って3番目の走者が決勝線を通過した時間で順位を決定
  • マススタート : 競技トラックの活用区域が従来の個人種目で活用される分離されたレーンが
  • すべてのレーンをオープンして400mスピードスケートFoPで順位競争をするもの(記録競争でない順位競争)
  • マススタートの周回数は競技組織委員会の裁量で決定
  • 現在のワールドカップおよび世界選手権大会では16周フォーマットで行なわれている
  • 毎4周ごとに上位1,2,3位で通過する選手には追加点数が与えられる

女子競技

  • 500m, 1,000m, 1,500m, 3,000m, 5,000m, スピードスケート女子チーム競技およびマススタート
  • スピードスケート女子チーム競技 : 3人ずつからなる2チームが反対側から同時にスタート, 6周を回って3番目の走者が決勝線を通過した時間で順位を決定
  • マススタート : 競技トラックの活用区域が従来の個人種目で活用される分離されたレーンが (inner lane, outer lane)無くウォームアップレーンまで含んで競技トラックとして活用する競技
  • すべてのレーンをオープンして400mスピードスケートFoPで順位競争をするもの(記録競争でない順位競争)
  • マススタートの周回数は競技組織委員会の裁量で決定
  • 現在のワールドカップおよび世界選手権大会では16周フォーマットで行なわれている
  • 毎4周ごとに上位1,2,3位で通過する選手には追加点数が与えられる

統合メダル数で見るスピードスケート強国

Netherlands : 105個, Norway : 80個, USA : 67個