Go to Main Content Go to Menu



テンプルステイ

テンプルステイ

home 文化&観光 伝統・文化 テンプルステイ
普賢寺
普賢寺 イメージ1 普賢寺 イメージ2
  • 住所 : 江原道 江陵市 城山面 普賢キル 396
  • 電話番号 : 033-647-9455
  • 客室数 : 2人部屋4室
  • ホームページ : http://www.bohyunsa.or.kr

紹介

「休 & 休」 普賢寺テンプルステイでは、東海の昇る日の出と松の香りが広がる山寺で休み、心を空にして手放すことで、気持ちがふっと軽くなります。執着心は私たちの欲であり、それによって本当の「自分」を見失ってしまうので。新型コロナウイルスの状況に応じて、決まりがなく自由に楽しめる休息型プログラムと、コーヒーハンドドリップ体験・百八念珠作りなど体験活動ができる体験型プログラムをご提供します。 Hue & Hue (rest & rest in English) Bohyeonsa Temple Stay offers an opportunity to rest, empty, and unburden at the temple house filled with sunrise in the East Sea and pine scents let relieve the of mind’s burden. What we possess blinds us and make not to see our greed and the true ‘me.’ Under the COVID-19 situation, there are no options for the experience program but the rest-type program which offers the experience activities of hand-drip coffee experience and Buddhist rosary making.

体験プログラム

  • 休息型プログラム:自律礼仏、供養、和尚との談笑
  • 体験型プログラム:森の瞑想、コーヒーハンドドリップ体験、夜の鐘打ち、百八念珠作り
龍淵寺
龍淵寺 イメージ1 龍淵寺 イメージ2
  • 住所 : 江原道 江陵市 沙川面 中央西路 961
  • 電話番号 : 033-647-1234
  • 客室数 : 4人部屋11室
  • ホームページ : http://yongyeontemple.com/

紹介

江原道江陵市沙川面満月山のふもとにある龍淵寺は、大韓仏教曹渓宗第4教区の月精寺の末寺である伝統寺院です。

7世紀頃、新羅の善徳女王(632~647年)の時代に慈蔵律師が創建し、寺の下に「龍湫」があったことから龍淵寺と名付けられました。現在は、休息と供養、和尚との茶談などで構成された休息型テンプルステイ(短期・長期)と、ヨガ体験、鉢盂供養、江陵博物館・観光地ツアー、ヨット体験、拓本体験などで構成された体験型テンプルステイを運営しています。

体験プログラム

  • 休息型プログラム:供養、茶談、瞑想
  • 体験型プログラム:ヨガ、博物館・観光地ツアー、拓本体験、コーヒーハンドドリップ体験
賢徳寺
賢徳寺 イメージ1 賢徳寺 イメージ2
  • 住所 : 江原道 江陵市 連谷面 サリゴルキル 170
  • 電話番号 : 033-661-5878
  • 客室数 : 2人部屋3室、4人部屋1室、6人部屋1室
  • ホームページ : http://www.hyundeoksa.or.kr

紹介

賢徳寺は五台山の山脈である満月山の中腹にある清浄道場で、玄宗和尚が1999年7月10日に創建ました。小さく素朴で、そこが良いお寺を目指しています。

「コーヒーの聖地」である江陵に位置していることもあり、賢徳寺は「どんぶりコーヒー」で有名です。賢徳寺で飲むどんぶりコーヒーは、周囲にあるたくさんの松の木の香りが加わり、深みが感じられます。テンプルステイは2007年から始まっており、和尚と一緒にコーヒーの香りを楽しむ和尚との会話、村の散歩、108拝体験、雲力(大勢で力を合わせてする仕事)、小金剛トレッキング、東海岸の波瞑想など様々なプログラムを運営しています。

体験プログラム

  • 供養、礼仏、短い数珠作り、和尚との茶談、コーヒーハンドドリップ体験