Go to Main Content Go to Menu



シンボル

シンボル

home 江陵の紹介 シンボル

市旗

市旗

力強く浮び上がる赤い太陽は発展する未来に向かう江陵人の気質を表現し, 青色の躍動的な波のタッチは清浄自然の爽やかさと江陵人の強靭性, そして発展的意志を意味し, 太陽と海が一つに交わった全体像は固有の伝統を尊いものと考える江陵人の歴史意識を東洋的な造形感で表現している.

都市ブランド

都市ブランド

江陵市のブランドは心の平安と休息を与える松のイメージを通じて観光リゾート都市と松の故郷江陵の価値を表現した.

特に, 本草綱目にも<松はすべての木の年長者>とされ一番上であるとしていて, 青い松は生命の創造と繁栄を意味しており, 江陵市民の非常に高い気質と環東海の中心都市<第一江陵>の意味をこめて松を象徴化してデザインした.

観光ブランド

観光ブランド

江陵の象徴するものを伝えるため、イニシャルである「g」をモチーフに、江陵の楽しさを円と半円の拡張を通じて表現し、カラフルな5つの代表カラーの組み合わせにより、江陵の五色を適用することで、江陵の若さと多彩さを表現した。

江陵市といえば思い浮かぶキーワードを基に円をパターン化したもので、円は江陵の太陽、江陵を見るレンズ、あちこちにある観光スポットを巡る動きなど、ダイナミックな江陵を意味している。

花

ミソハギ科に属し落葉喬木の百日紅またはサルスベリとも呼ばれ, 赤い花が夏から秋まで絶えず咲く美しい花で江陵市民の快活性と連続的な生命力を象徴

木

マツ科に属する常緑喬木で江陵地域のどこでも鬱蒼とした群落を形成してよく育っており、オールシーズンの青葉は変わらない志と忠節、そして屈しない江陵人の気質を象徴

鳥

カモ科に属し天然記念物第201号に指定された保護種で冬季に江陵地域を頻繁に訪れてくる冬の渡り鳥だ。スワン(白鳥)は昔から吉兆として知られており豊作を祈り、清純できれいな純白色の姿は学問と志操を大切にする文郷・芸郷の都市の情緒を象徴

動物

動物

虎はネコ科に属し、百獣の王として森で生活する。江陵地域の説話や伝説にしばしば登場する霊物で江陵市民の勇猛性と自主性を象徴