Go to Main Content Go to Menu



2024 江原冬季ユースオリンピック競技大会

2024 江原冬季ユースオリンピック競技大会

home 世界の中の江陵 2024 江原冬季ユースオリンピック競技大会
大会概要
  • 開催期間 : 2024年1月19日(金)~2月2日(金) IOCと協議中
  • 開催場所 : 江原道 江陵、平昌、旌善一帯 IOCと協議中
  • 開催規模 : 15~18歳の青少年 / 約70か国 選手1,900人
  • 開催競技 : 7競技、15種目、81詳細種目(最大)
7競技、15種目
  • 氷上5 スケート(ショートトラック、スピード、フィギュア)、アイスホッケー、カーリング
  • 雪上10 スキー(アルペン、フリースタイル、スノーボード、スキージャンプ、クロスカントリー、ノルディック複合)、バイアスロン、ボブスレー・スケルトン、リュージュ

2024年江原冬季ユースオリンピック競技大会の紹介

第4回冬季ユースオリンピックは、韓国・江原道で開かれます。江原道は、すでに2018平昌冬季オリンピックを開催した場所です。アジアで初めて開かれる冬季ユースオリンピックであるこの大会は、オリンピックの遺産に基づいており、オリンピックの前後、そしてオリンピックを通じて様々な活動を行うことで、さらに多くの若者が参加できるようにする予定です。

江原2024のビジョンは、「楽しさと成長のスポーツ、共存と親睦で切り開く平和な未来」です。また、スポーツ・文化・教育の分野において社会に影響を与えながら、地域にポジティブな変化をもたらし、社会の統合を促進することを目指しています。

江原2024は、平昌2018で使われていた多くの施設を活用できるという利点があります。オリンピック会場を利用することで、コストを削減して持続可能なユースオリンピックを開催できると同時に、ユースオリンピックに参加する若い選手たちに対しては、数年前にオリンピック競技が行われた競技場で競争できるという、大切な機会を提供することができます。

エンブレム

大会ビジョン、ミッション、目標

ビジョン

江原2024

楽しさと成長のスポーツ、共存と親睦で切り開く平和な未来

ミッション

江原2024は、スポーツを通じて選手と青少年たちにオリンピックの価値を広め、未来志向的な変化を経験する特別な成長の機会を提供する。

目標

青少年の 成長
  • 青少年たちが大会の準備から開催に至るまで、全ての過程に参加
  • 身体活動と参加の拡大を通じて、健康な身体と精神の重要性を認識
  • ボランティア活動の活性化により、青少年のボランティア文化を確立
  • 多彩な参加活動およびキャリア開発の機会を提供
  • スポーツと文化活動を媒介とした青少年交流協力システムを構築
スポーツとオリンピズムの増進
  • 才能ある青少年を育成し、他の青少年のスポーツ参加をリードする機会を提供
  • アジアの青少年たちの冬季スポーツ体験機会を拡大
  • デジタルプラットフォームを強化し、ユースオリンピックの認知度およびアクセス性を向上させる
  • 選手、青少年、運営要員の安全と人権を重視する大会を開催
  • 選手たちが最高の実力を発揮できるような環境づくり
国と地域の発展
  • 江原道をアジア冬季スポーツの中心地として確立
  • 平昌2018の施設と運営ノウハウを活用して効率的・経済的に大会を開催
  • 地域文化と韓流コンテンツを活用し、韓国の青少年文化芸術の優秀性をPR
  • 国民の親睦と誇りの高揚
平和の増進
  • スポーツを通じた平和推進教育プログラムを開発
  • 平昌2018の平和イニシアチブを世界の青少年に伝える
  • 青少年たちに平和、親睦、共存の価値を広める機会を与える
共同設計の増進
  • ユースオリンピックの共同開発に参加する利害関係者の確認および協力
  • 青少年との協力による共同開発
  • IOCとの協力による共同開発

氷上競技の施設状況

氷上競技の施設状況 - 施設名, 施設規模, 収容人数, 競技種目
施設名 施設規模 収容人数 競技種目
江陵アイスアリーナ 地上4階、地下2階 アイスリンク2か所 12,000 アイスホッケー
江陵スピードスケート場 地上2階、地下2階 400mダブルトラック 8,000 フィギュア、ショートトラック
江陵ホッケーセンター 地上3階 アイスリンク1か所 10,000 スピードスケート
江陵カーリングセンター 地上4階、地下1階 カーリングライン4か所 3,500 カーリング